はじめに

師走の忙しさで、ゆっくりする時間がない! という方も多いと思います。ちょっとしたスキマ時間に美味しいお茶を味わうだけでも、心がほっと落ち着きますよ。今回は、寒い冬に嬉しい、リラックスできるお茶の葉を3つご紹介します。
淹れるところから丁寧に「うるわし茶箱 ~富士見・月見~」

淹れるところから丁寧に「うるわし茶箱 ~富士見・月見~」

お茶の時間を、お茶の味だけでなく丁寧に淹れるところから楽しめるのが「うるわし茶箱 ~富士見・月見~」です。静岡の伝統工芸である竹細工と指物の技を生かした重箱に、絞出し器と湯呑、そして静岡産の茶葉がセットになっています。

茶葉からお茶を絞り出すようにして使う、急須の役割をする絞出し器は、静岡を象徴する富士山の形をしています。蓋の内側には静岡市の花であり、春から初夏にかけての花・タチアオイが控えめにデザインされていて、緑茶の緑との色の取り合わせも楽しめます。

セットとなるプチ缶入りの茶葉は、静岡県産の6種類から2種を選ぶことができます。カテキンたっぷりの濃い色と深い味わいが特徴の「深蒸し茶」、茶葉自体の香りも楽しめて甘みのある「玉露」、香りがよく甘みのある煎茶の代表格の「本山煎茶」、抹茶の色がありつつ玄米の香ばしさがする手軽に飲める緑茶の「抹茶入り玄米茶」、上質な茎茶の豊かな香りが楽しめるほうじ茶の「白ほうじ」、そして澄んだ色と広がりのある香りの和紅茶である「丸子紅茶」です。

お茶の味はもちろん、静岡の職人技である茶器の美しさを感じながら、丁寧に味わうひと時を過ごしましょう。


うるわし茶箱 ~富士見・月見~

手軽にリラックスできる「焙じ茶ティーバッグ」

手軽にリラックスできる「焙じ茶ティーバッグ」

最近はラテやパフェなどスイーツとの組み合わせも人気となり、お馴染みの味となったほうじ茶。玉露などよりもカフェインが少なく、リラックス効果が高いとされています。他にも、ピラジンという成分のおかげで血行よくなったり、疲労回復に効果的だったりと健康面でもうれしい効果が期待でき、何より独特の香ばしい香りが心を緩めてくれるお茶でもあります。

そんなほうじ茶を急須を使わず手軽に楽しめるのが、鹿児島県の知覧茶を扱う「おりた園」の「焙じ茶ティーバッグ」です。さっぱりとした味わいで口臭予防にもなるので、脂っこい食事の後や、朝出かける前におすすめ。カフェインが少なめなので、寝る前のリラックスタイムにも活躍しますよ。


焙じ茶ティーバッグ

贈り物としても喜ばれる「自然茶セット・松」

贈り物としても喜ばれる「自然茶セット・松」

日本茶でまったりとした時間を過ごしたいときは、お茶請けも日本ならではのお菓子にしたいですよね。奈良のお菓子「柿寿賀(かきすが)」を販売している「総本店 柿寿賀」の「自然茶セット・松」は、「柿寿賀」と選べるお茶がセットになった嬉しい商品です。

「柿寿賀」とは、干し柿を柚子皮の芯に巻き付けたお菓子で、かすかな甘みと酸味が素朴な味わい。お茶は「寿賀茶」、「和紅茶」、ゆず皮の入った「ゆず煎茶」、柿の葉を原料とする「柿ノ葉茶」の中から選ぶことができ、ほっとひと息つくのにぴったりです。大切な人への贈り物としても喜ばれますよ。

自然茶セット・松

おわりに

丁寧に、また手軽に、普段の生活の中でほっとひと息つく時間を演出してくれるお茶を3つご紹介しました。これからますます忙しくなる季節、温かいお茶を味わう時間を大切にしたいですね。

情報提供元:旅色プラス
記事名:「忙しい師走こそほっとひと息お茶の時間を大切に。お取り寄せできるお茶の葉3選