JA8978

国土交通省は2月21日、ユナイテッド航空のボーイング777-200型機のエンジントラブルを受け、国内で同系列のエンジンを搭載した機体の運航停止を指示した。

対象となるのは、プラット&ホイットニーのPW4000系列のエンジンを搭載したボーイング777型機。日本航空(JAL)が13機、全日本空輸(ANA)が19機を保有している。

国内では2020年12月4日、沖縄/那覇発東京/羽田行きのJAL機(ボーイング777-200型機)で、左側エンジンに不具合が発生して引き返した。エンジンが損傷しており、国土交通省は重大インシデントに認定し、調査を行っている。

国土交通省では、「安全確保に万全を期すため、追加対策の必要性の有無を検討する間、当該航空機の運航停止を指示した」としている。

情報提供元:Traicy
記事名:「国土交通省、ボーイング777型機の運航停止を指示 32機が対象