JR東日本は、「モバイルSuica」のサービスを3月21日にリニューアルする。

Androidアプリをスマートフォン向けにリニューアルし、「おサイフケータイアプリ」と連携することで、モバイルPASMOとの使い分けを可能にするほか、端末の変更手続きもシンプルにする。

Androidでは、複数枚のSuicaが発行できるようになるほか、Google Payでの決済にも対応する。Androidのほか、iOSやwatchOSでも定期券購入時の経路表示を改善するほか、タッチでGO!新幹線の利用開始登録、プッシュ通知やバナーにも対応する。また、iOSからAndroidへの変更も可能になる。

新サービスの対応のため、3月20日午前11時ごとから21日午前7時頃まで、ログインを必要とするすべてのサービスの利用ができなくなる。サービス再開後には、iOS、Androidともにアプリのアップデートが必要となる。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、「モバイルSuica」をリニューアル 3月21日に