ユナイテッド航空は、ハワイ行きの乗客に対して、新型コロナウイルスの陰性証明書を搭乗前に提示することで、到着時に書類審査なく入島できるサービスを、2月1日より始めた。

アメリカ本土からハワイに向かうフライトを利用する、ハワイ州の「Safe Travels」プログラム登録者が対象となる。出発の24時間以内に、新型コロナウイルスに関する質問事項に回答し、陰性証明書をアップロードする必要がある。搭乗口でユナイテッド航空の係員が、書類審査を免除できると認証した乗客には、承認済みであることを示すリストバンドを装着する。到着後には検査が免除され、スムーズに入島できる。

ハワイでは、到着後10日間の隔離を免除するために、指定の医療機関で出発の72時間以内に検査の上、陰性証明書の取得が必要。ユナイテッド航空では、全てのアメリカの都市で郵送検査を提供しているほか、一部空港にも検査施設を開設している。

この他にも、入国要件やコロナ検査機関の確認、ワクチン接種の記録ができる「トラベルレディセンター」を、ウェブサイトとアプリで展開するなど、安心して旅行ができるサービスを提供している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ユナイテッド航空、ハワイ到着時の書類審査免除サービス開始 米本土発対象