Mobility Technologiesは、タクシーの後部座席に設置している「JapanTaxiタブレット」で、タクシーアプリ「GO(ゴー)」による「GOアプリ決済」の利用に、2月2日より対応した。

「GO」が展開する、17都道府県の約5万台のタクシーが対象。これにより、アプリからの配車注文以外でも、アプリによる支払いが可能となる。今後はエリアの拡大や、機能追加を行うとしている。

「GO」は、「MOV」をベースとして展開しているタクシー配車アプリ。「JapanTaxi」とサービスを一本化することを予定している。タクシー車両とのリアルタイムな位置情報連携と高度な配車ロジックにより、アプリ利用者と近くのタクシー車両とのマッチング精度を向上させているという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「タクシーアプリ「GO」、車内タブレットでの決済に対応