セブパシフィック航空(エアバスA321neo)

セブパシフィック航空は、受託手荷物の大きさの規定を2月1日付けで改定した。

各辺が約99センチ以内の荷物のみ、通常の受託手荷物料金による受託の対象となる。各辺のいずれかが約99センチを超える場合、フィリピン国内線では800フィリピンペソ、日本発着便では2,800円の超過手荷物料金を、カウンターで支払う必要がある。

ベルトコンベアーでの運搬に適したサイズであることから、各辺が約99センチ以内とした。音楽機器、オートバイ、テレビなどを超過手荷物の例として挙げている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「セブパシフィック航空、受託手荷物規定を改定 各辺99センチ以上は追加料金