JALグループは、2021年元旦に毎年恒例の「初日の出 初富士フライト」を実施する。東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部の3空港発着で、11月18日から順次申し込みを受け付ける。

東京/羽田発着はボーイング767-300ER型機を使用し、207人を募集。午前5時45分に出発し、富士山を展望したあと、南アルプス周辺で初日の出を鑑賞。栃木県日光市上空を周遊し同8時に帰着する。旅行代金は座席クラスや位置によって異なり、1席あたり29,000円から。ファーストクラスはJALカード会員限定で販売する。

東京/成田発着は国際線仕様のボーイング787-8型機を使用し、156人を募集。午前5時35分頃出発し、館山沖で初日の出を鑑賞後、富士山や三宅島付近を通過して同8時に帰着予定。旅行代金は1席あたり27,000円から。

名古屋/中部発着は日本トランスオーシャン航空(JTA)のボーイング737-800型機を使用し、135人を募集。午前6時に出発し、南アルプス付近で初日の出を鑑賞後、富士山付近を通過して同7時25分に帰着する。旅行代金は2人または3人で72,000円から。

全コースとも機内ではおせち風弁当を配布し、オリジナル今治タオルや紅白饅頭、搭乗証明書をプレゼントする。

東京/羽田発着は11月18日、東京/成田発着は11月19日、名古屋/中部発着は11月20日の、いずれも午後2時から抽選申し込みを受け付ける。締切は11月20日。なお、いずれも「Go To トラベル」キャンペーンは適用外となっている。

このほか、名鉄観光の旅行商品として大阪/関西発着の初日の出フライトも運航する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALグループ、3空港発着で「初日の出フライト」 11月18日から抽選受付