北陸新幹線

JR東日本は、新幹線の自動運転の実現に向けた試験走行を、新潟駅〜新潟新幹線車両センター間の約5キロで10月から11月にかけて実施する。

E7系1編成(12両)を使用し、LTE回線を活用して遠隔での発車や加減速、自動停車、緊急時の遠隔停車といった自動列車運転装置(ATO)機能を検証し、評価や課題の抽出を行う。

また、ローカル5Gを活用し、て高精細映像をリアルタイムに伝送する技術などの試験を行い、鉄道への活用の可能性も検証する。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東日本、新幹線の自動運転実現に向け試験走行 新潟駅〜車両センター間の5キロで