とっておきの京都プロジェクト

京阪ホールディングス、京都市、京都市観光協会、JR東日本は、Web型MaaS「奥京都MaaS」の実証実験を10月27日から開始した。

京都市内中心部の混雑緩和、地域観光消費額の増大と分散化、朝観光・夜観光の促進による観光時間帯の分散化といった課題解決を目的としたもの。

利用者は、ウェブサイト上で、鉄道・バスの特典付き企画乗車券、飲食チケットを購入できるほか、大原・八瀬、鞍馬・貴船などの洛北エリア内を周遊するモデルコースの提案、デジタルスタンプラリーなどのサービスを受けることができる。企画乗車券は、叡山電車と洛北地区の京都バスで利用できる計3種類を用意する。利用開始時から24時間または36時間の時間単位とすることで、観光客の利便性を高め、洛北エリア内での朝観光・夜観光を促すとしている。

観光マップには、新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえ、京都市内の500メートルメッシュ単位の人口推計を確認できる機能を搭載する。また、JR東日本アプリとの連動、叡山電車のリアルタイム在線位置情報提供、大原エリアのシェアサイクルといったサービスも実施するとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「京阪など4者、Web型MaaS「奥京都MaaS」実証実験を10月27日開始 大原・八瀬、鞍馬・貴船などへの観光客の分散化を目指す