JAL(ボーイング777-300型機/JA752J)

日本航空(JAL)は、事業構造変革の一環として、ボーイング777型機の早期退役を進める。

2020年度末までに、国際線のボーイング777-200ER型機全11機を退役させ、一部を国内線へ転用する。2022年度末までに国内線のボーイング777型機全13機を退役させる。この他に、2022年度前半までに、ボーイング737-800型機のリース機5機を返却する。

国際線は経年機の退役や国内線・ZIPAIR Tokyoへの転用で機材数を削減する。国内線は国際線からの転用やエアバスA350-900型機の導入により、機材数は現状をほぼ維持する。

また、中長距離格安航空会社(LCC)のZIPAIR Tokyoは、3〜6号機の導入計画を決定しており、需要に応じて増機を検討する。ホノルルへの就航準備を概ね完了しているという。

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、ボーイング777型機の退役進める 22年度末までに国内線全機