ANA Cargoは、東京/成田〜フランクフルト線を、10月28日から定期便化する。

6月10日より貨物チャーター便として運航を開始していた。機材はボーイング777Fを使用する。12月31日まで水・土曜の週2便、2021年1月1日以降は水曜の週1便を運航する。また、10月には、旅客機を活用した貨物便を、過去最多となる449便運航する。

10月25日から始まる冬スケジュールでは、東京/成田〜上海/浦東・香港・台北/桃園・バンコク・ソウル/仁川線を増便する。国内線や沖縄発着のアジア路線は運休し、羽田・成田経由で貨物を輸送する。

ANA Cargoは、11機の貨物専用機を保有。うち2機を有する大型機のボーイング777Fは、2019年7月より上海/浦東同10月よりシカゴへ就航している。

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA Cargo、フランクフルト線を定期便化 777Fで週2便