大型で強い台風9号は、発達しながら北よりに進み、非常に強い勢力で 9月1日未明から明け方にかけて、沖縄本島地方にかなり接近する見込み。気象庁や地元の気象台は、暴風や高波、高潮、大雨による重大な災害が発生するおそれがあるとして、厳重に警戒するように呼びかけている。

1日にかけて猛烈な風 住家倒壊のおそれも

風の強さと吹き方(沖縄気象台)

沖縄本島地方では、台風の接近で風が強まり、波も高まる見込み。台風が最も接近する1日未明から1日明け方にかけて、久米島を中心に最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルの猛烈な風が吹く見込み。一部の住家が倒壊するおそれもある猛烈な風の吹く所がある見込みのため、風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒するよう呼びかけている。

また、沿岸の海域では次第に大しけとなり、9月1日にかけて、沖縄本島地方や宮古島地方では猛烈なしけとなる見込み。うねりを伴う高波に厳重な警戒が必要。

猛烈な雨にも警戒 過去最大級の高潮のおそれ

雨の強さと降り方(沖縄気象台)

沖縄本島地方の雨量は、多い所で31日から9月1日は1時間に80ミリの猛烈な雨が降り、2日にかけて大雨となる見込み。予想される24時間雨量は、沖縄本島地方の多い所で1日午後6時までの24時間で400ミリの見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要。発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風による被害が恐る恐れもあり、安全確保を呼びかけている。

また、台風の接近と大潮の時期が重なるため、沖縄本島地方と宮古島地方では、9月1日にかけて潮位が高くなる見込み。特に沖縄本島中南部では、過去最大級の高潮となるおそれがある。海岸や河口付近の低地では高潮による浸水や冠水のおそれがあり、厳重に警戒するよう呼びかけている。

長時間の停電など被害のおそれ

台風9号 過去の被害状況(沖縄気象台)

過去の台風災害から、最大瞬間風速60メートル以上の風が吹くと、家屋の倒壊や車両の横転・破損、広範囲な電柱の倒壊、倒木による道路寸断や建物の損壊、長時間の停電、窓ガラスの破損等が予想される。風や雨が強まり、外での行動が困難となる可能性があるとして、自治体の発表する避難情報に従うなど適切な行動を取るよう呼びかけている。

情報提供元:Traicy
記事名:「台風9号、発達し非常に強い勢力に 沖縄本島では「重大な災害が発生するおそれ」