スカンジナビア航空(エアバスA330-300型機)

スカンジナビア航空は、アメリカやヨーロッパ、アジアへの路線を拡充する。

スタヴァンゲル〜トロンハイム線、ストックホルム〜ロンネビー・スンドスバル線の運航を再開することで、スウェーデン、ノルウェー、デンマークの国内線のほぼすべてをカバーできるようになる。また、コペンハーゲン〜パリ線やストックホルム〜フランクフルト線、オスロ〜ブリュッセル線など、ヨーロッパの主要都市や首都を結ぶ18路線も運航を再開し、ビジネス需要に対応する。

また、9月末にはアジアへのフライトを再開し、コペンハーゲン〜上海/浦東線を週1便で運航することを計画している。大西洋路線は、コペンハーゲン〜ニューヨーク線を1日最大1便に増便するほか、9月中旬からコペンハーゲン〜ワシントン線を週2便で再開する。また、シカゴとサンフランシスコへの運航も継続する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「スカンジナビア航空、欧州主要都市やアジアへの運航再開