東京とシンガポールに拠点を置き、「LIFT Aero Design」のブランドで航空機のデザインを手掛ける、リフト・ストラテジック・デザインは、日本語版のウェブサイトを開設した。

香港エクスプレス航空やバンブー・エアウェイズのデザイン、セブパシフィック航空のエアバスA330neoやセーシェル航空のエアバスA320neo、フィリピン航空のエアバスA350-900型機やエアバスA330-300型機、スカイマークのエアバスA330-300型機やエアバスA380型機の機内デザインのほか、本誌・トライシーのブランドデザインも手掛けている

リフト・ストラテジック・デザインは、2010年に設立。今年2月には、「LIFT Aero Design」にブランドを変更した。今後、日本のスタートアップや旅行関連企業へのデザインを提案することを想定しているという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「LIFT Aero Design、日本語版ウェブサイト開設 国内のスタートアップや旅行関連企業への提案強化へ