フィンエアー

フィンエアーは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、最大1,000人の雇用削減を計画し、協力交渉を開始したことを明らかにした。

フィンランド国内で働く約2,800人の従業員が対象となる。パイロットや客室乗務員は、需要回復とともにフライトに復帰できる見通しであることから、恒久的な削減は計画していないという。

全従業員数は約6,700人で、そのうち約6,200人がフィンランドで働いている。フィンランドで働くほぼすべての従業員は、一時解雇がなされている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「フィンエアー、フィンランドで最大1,000人削減 協力交渉開始