アメリカン航空

アメリカン航空は、需要の低下とアメリカ政府による経済対策であるコロナウイルス支援・救済・経済安全保障(CARES)法に関連した航空サービス要件の期限切れに伴い、15都市への乗り入れを一時停止する。

10月7日以降、デル・リオ、ドゥービューク、フローレンス、グリーンビル、ハンティントン、ジョブリン、カラマズー、レイクチャールズ、ニューヘブン、ニューウィンザー、ロズウェル、スーシティ、スプリングフィールド、スティルウォーター、ウィリアムズポートの15都市への乗り入れを停止する。期間は11月3日までを予定する。

政府による給与支援策であるペイロール・サポート・プログラムの延長が検討されていることから、10月のスケジュールは8月29日、11月のスケジュールは9月下旬までに発表する見通しだという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アメリカン航空、15都市への乗り入れ一時停止へ