日本航空(JAL)は、自動チェックイン機の非接触化に向けたトライアルを実施する。

8月24日から9月15日まで、羽田空港第1ターミナル南ウィング2階の18番カウンターに設置している2台の自動チェックイン機を対象に実施するもの。

三菱電機インフォメーションシステムズ、沖電気工業と共同開発した自動チェックイン機に取り付けた、沖電気工業製のタッチレスセンサーから、一般家庭用機器で使用されるものと同レベルの赤外線が出ており、画面から3センチほど離れた空中で指を動かすことで操作できるという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、画面に触れずに操作できる自動チェックイン機を試験導入