JTBグランドツアー&サービスは、新たな旅行商品となる「日本の魅力を知り、海外を想う旅」を8月20日より発売した。

海外の少人数制パッケージツアーを手掛けていたものの、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、海外旅行が困難であることから、国内旅行を本格的に展開することを決めた。

企画したのは、「日本のマチュピチュ」と呼ばれている兵庫県の竹田城跡のほか、「日本のウユニ塩湖」、「日本の青の洞窟」のように、海外にある観光地に例えられる日本の観光地を訪れるツアーで、全ツアー10人限定、4人から催行する。部屋数の少ない隠れ家的な宿の手配のほか、「出発前アンケート」での要望を実現することもできるという。

「わずか13室の城下町ホテルに宿泊! 備中松山城と竹田城跡、姫路城をめぐる 4日間」は、10月から11月にかけて3回催行。羽田空港発着2名1室利用で、1人378,000円から、「日本のウユニ塩湖と日本の地中海の島へ! 父母ヶ浜とオリーブを育む小豆島を訪れる 香川の旅 4日間」は、10月から11月にかけて2回催行。同じく313,000円から。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「”日本のマチュピチュ”や”日本のウユニ塩湖”をめぐるツアー 海外専門のJTBグランドツアーが企画