カンタス航空(チャンギ国際空港)

カンタスグループは、国際線の運航を2021年7月まで再開できないという見通しを示した。

国際線は、4月には定期路線の運航を事実上停止している。ジェットスター・アジア航空は保有機材数と従業員数を25%以上削減している。6月にはジェットスター・パシフィックの運営から撤退することを発表している。

一方で、オーストラリア国内線では、ジェットスター航空が6月に開催した3日間のセールで約15万席を販売したことから、今後回復が見込まれるとした。競合の機材削減や事業停止により、市場シェアは60〜70%に拡大することを見込んでいる。

ロイヤリティプログラムは、クレジットカードの個人消費の鈍化などによって前期の実績を9%下回ったものの、利益に貢献した。会員数は、フリークエントフライヤーでは4%、ビジネスリワーズでは20%増加している。

8月20日に発表した2020年6月期通期決算では、19億6,600万豪ドルの最終赤字となった。上期の税引前利益は7億7,100万豪ドルで、通期では新型コロナウイルスの影響を受け、前年比91%減の1億2,400万豪ドルだった。

期末時点の流動資産は45億豪ドルで、14億豪ドル以上の資金調達を実施したことから、事業の継続が可能であることを強調した。

政府からは2億6,700万豪ドルの援助を受け、従業員への退職金や一部の賃金として使用されたという。当初計画の3分の2にあたる、4,000人の人員削減を9月末までに完了する見通し。ボーイング747型機を含む100機以上を早期に退役し、エアバスA380型機はアメリカのアリゾナ州で長期保管することなどによって、メンテナンスコストを削減する。

情報提供元:Traicy
記事名:「カンタスグループ、来年7月まで国際線の運航再開できない見通し