東京地下鉄(東京メトロ)日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ」駅が6月6日、神谷町〜霞ケ関間に開業する。

虎ノ門ヒルズ駅は日比谷線に開業以来56年ぶりに設置される新駅で、隣駅の神谷町駅からは約500メートル、霞ケ関駅からは約800メートルの距離。銀座線の虎ノ門駅との乗り換え駅に設定されている。

国道1号と環二通りの交差点(虎ノ門二丁目交差点)付近に位置しており、空港リムジンバスや都心と臨海エリアを結ぶ「東京BRT」が発着する予定のバスターミナルや、周辺の再開発ビルに接続。都心部の新たな交通結節点としての役割が期待されている。開業時はホーム階の地下1階に改札が設置されているが、2023年には改札を地下2階に移設。隣接する再開発ビル内の駅広場とコンコースが接続し、地上と地下をスムーズに行き来できるようになる。

なお、虎ノ門ヒルズ駅の駅ナンバリングは「H06」となり、霞ケ関駅以東の駅についてはナンバリングが変更される。

■関連記事 日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」建設現場に潜入 線路直下で地盤を掘削

情報提供元:Traicy
記事名:「日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」、6月6日開業 都心の新たな交通拠点に