日本航空(JAL)は4月10日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月12日から19日までの国内線で追加減便を決定した。

対象は66路線1,555便で、東京/羽田〜札幌/千歳・大阪/伊丹・大阪/関西・福岡・沖縄/那覇線などの幹線も含まれている。

東京/成田〜名古屋/中部線、大阪/伊丹〜函館線は期間中運休する。大阪/関西〜石垣線、小松〜沖縄/那覇線は一部の日は運休となる。

これにより、すでに発表済みのものを合わせ、期間中の減便数は3,317便、減便率は49%となる。3月29日以降の夏スケジュール期間中の減便数は累計8,463便、これまでの減便数は11,595便となった。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、国内66路線1,555便を追加減便 4月12日から19日まで