全日本空輸(ANA)は4月6日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月7日から28日までの国内線で、一時運休や減便を追加決定した。

今回発表されたのは、48路線の1,742便。主に東京/羽田発着路線が中心で、東京/羽田〜札幌/千歳・大阪/伊丹・福岡線などの幹線のほか、地方路線も対象となっている。

これにより、4月1日から28日までの国内線の運休、減便数は77路線の5,629便となった。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、国内線で減便追加 4月7日から28日まで、計1,742便