クアラルンプール国際空港

マレーシアのムヒディン首相は3月25日午後1時、新型コロナウイルスへの感染が確認していることから、3月31日まで発令している活動制限令を、4月14日まで延長すると発表した。

全ての外国人の入国を禁止するほか、マレーシア人の出国は禁止し、帰国者には健康検査や14日間の強制もしくは自主隔離が求められる。

マレーシアでは3月24日時点で、1,624人の新型コロナウイルスへの感染が確認されている。そのうち183人が回復し、64人が集中治療室で治療中。15人が死亡した。

■関連記事 日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月23日午前6時時点) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月19日午後10時現在)

情報提供元:Traicy
記事名:「マレーシア政府、活動制限令を延長 4月14日まで