シンガポール航空(ボーイング787-10型機)

シンガポール航空は、4月末までの輸送能力を96%削減すると発表した。

これにより、シンガポール航空とシルクエアーが保有する機材を含めた全147機のうち、138機が運航を停止することになる。格安航空会社のスクートも、49機中47機の運航を停止する。

「シンガポール航空グループはネットワークを多様化し、スクートを設立してリスクを分散し、幅広い旅客・市場セグメントに対応している。しかし、国内セグメントがなければ、国際市場が人々の自由な移動をますます制限したり、航空旅行を全面的に禁止したりするようになると、グループの航空会社はより脆弱になる。」とコメントした。

流動性の確保のほか、設備投資や営業費用の削減に取り組むとしており、発注機材の納入延期や複数の金融機関と資金調達の交渉を開始する。経営陣は報酬を減額し、従業員には任意の無給休暇制度を提供している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、輸送能力を96%削減 4月末まで、グループで185機の運航停止