JAL(エアバスA350-900型機)

日本航空(JAL)は3月19日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い需要が減少していることから、3月29日から4月5日まで、国内線で減便を行うと発表した。

東京/羽田〜旭川・札幌/千歳・釧路・帯広・青森・三沢・秋田・小松・大阪/伊丹・大阪/関西・岡山・広島・山口宇部・出雲・徳島・高松・高知・松山・北九州・福岡・大分・長崎・熊本・宮崎・鍵島・沖縄/那覇線、大阪/伊丹〜札幌/千歳・秋田・花巻・山形・仙台・新潟・出雲・松山・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島線、大阪/関西〜札幌/千歳線、札幌/千歳〜女満別・青森・花巻線、札幌/丘珠〜釧路・函館線、福岡〜松山・宮崎・沖縄/那覇線、鹿児島〜屋久島・奄美・徳之島線、沖縄/那覇〜宮古・石垣線の55路線、1,268便が対象となる。

予約客には代替便を案内する。また、4月30日まで搭乗分の国内線の全ての航空券を対象に、払い戻しや変更を無手数料で行う、特別取り扱いを実施している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、国内線で追加減便 3月29日から4月5日まで、計1,268便