セブパシフィック航空(エアバスA321neo)

セブパシフィック航空は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、フィリピン政府がマニラ首都圏を隔離したことに伴い、マニラ発着のフィリピン国内線の運航を停止した。一部の日本路線も運休する。

フィリピン国内線は、3月15日から4月14日まで運休する。クラークやセブ、ダバオを発着路線の運航は継続するものの、一部便は運休する。

日本路線は、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西〜マニラ線の3路線の運航を継続する。東京/成田〜マニラ線は、5J5056便と5J5057便のみ運航する。東京/成田〜セブ・クラーク線は3月15日から28日まで、東京/成田〜クラーク線は3月15日から27日まで運休する。

予約客には、予約変更のほか、トラベル・ファンドへの返還、払い戻しのいずれかを受け付ける。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「セブパシフィック航空、マニラ発着国内線の運航停止 日本線3路線運航継続