北京市政府

北京市人民政府は3月16日から、海外から北京に来るすべての人に対する、集中観察所での隔離観察を開始した。

集中観察所は、各区が手配するホテルで、基本的な生活はできる。家族や知人や食料や衣服を届けたい場合、事前にホテルと連絡を取り、同意を得る必要がある。

費用は自己負担で、妊婦や高齢者など特殊な状況があれば厳格な評価ものとで自宅観察が可能となる。虚偽の申告で感染を拡大させた人には、法律などに則り責任を追求するという。

天津へ向かう場合には隔離の対象外で、3月14日からは高速鉄道に乗車することはできず、バスで向かうとともに、到着後には天津市が定める観察隔離措置を受ける観察隔離措置を受ける必要がある。

情報提供元:Traicy
記事名:「北京市当局、海外からの入国者に集中観察所での隔離観察開始