ニュージーランド航空

ニュージーランド航空は、長距離路線の供給容量を約85%削減する。

オークランドと東京/成田、シカゴ、サンフランシスコ、ヒューストン、ブエノスアイレス、バンクーバー、ホノルル、デンパサール、台北/桃園を結ぶ全便を、3月30日から6月30日まで運休する。また、3月21日から6月30日まで、ロンドン〜ロサンゼルス線も運航を停止する。

タスマン、太平洋路線でも4月から運航便数を大幅に減らす計画で、今週後半にも発表する。国内線も4月と5月に約30%のフライトを減らす。

ニュージーランド政府は3月15日から、太平洋島嶼国以外からの全入国者に14日間の自主隔離を要請している

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ニュージーランド航空、東京/成田〜オークランド線を一時運休 長距離路線85%削減