JR東海、JR西日本、JR九州の3社は、東海道・山陽・九州新幹線で5月20日に開始する「特大荷物スペースつき座席」サービスについて、愛称を「baggage160(バゲージ ワンシックスティ)」と定め、鉄道グッズが当たるキャンペーンを実施する。

「特大荷物スペースつき座席」は、客室内の最後方スペースを特大荷物置場と定め、各車両の最後部座席をこのスペースを利用できる席として販売するもの。3辺の合計が161センチ以上250センチ以内の荷物が特大荷物として扱われる。

第一期キャンペーンでは、公式ツイッターアカウント(@baggage160)をフォローし、対象ツイートをリツイートした人を対象に、抽選で賞品をプレゼントする。160名にbaggage160賞として、3社の車内販売グッズなどをプレゼントする。また、3名に特大荷物賞として、3辺合計160センチの「特大荷物にならないギリギリサイズの箱」に3社の鉄道グッズを詰め合わせてプレゼントする。

第一期キャンペーンは3月20日から4月19日まで。また、4月20日からは第二期キャンペーンを行う。

■関連記事 東海道・山陽・九州新幹線、特大荷物の持ち込みを来年5月頃より予約制に 荷物コーナーも新設

情報提供元:Traicy
記事名:「新幹線「荷物スペースつき座席」開始でキャンペーン 「特大荷物にならないグッズ」プレゼント