日本郵便とJR東日本、タリーズコーヒーは連携し、エキュート立川の3階に、くらしづくりをワンストップで実現するエリア「JJ+T(ジェイジェイ プラス ティー)」を5月10日に開業する。

コンセプトは「くらしのアイダをつなぐ場所」。「JJ+」は日本郵便とJR東日本が連携し、地域・社会にプラスの価値を提供していくことを示すこと、「+」は他業種との連携の意味を表した。

郵便局の相談窓口である「JP金融ラボ」、JR東日本のシェアオフィス「STATION WORK」、「TULLY'S COFFEE(タリーズコーヒー)」の3店舗が入居する。シェアオフィスはJP金融ラボの個室相談ブースとしても利用でき、金融相談の利用者には、タリーズコーヒーのドリンクを無料で提供する。シェアオフィスはタリーズコーヒーのカフェブースとして、実証実験期間中は無料、今夏の正式サービス開始後には有料で利用できる。イベントコーナーではイベントも開催する。

情報提供元:Traicy
記事名:「日本郵便とJR東日本、タリーズコーヒーが「JJ+T」をエキュート立川にオープン