宝塚ホテルは12月1日より、日本料理「曙」、仏蘭西料理「プルミエ」、鉄板焼「梅野」で旬の味覚を愉しめるフェア「Winter Specialite〜冬のおすすめ料理〜」を開催する。

日本料理「曙」では旬の味覚「蟹会席」(8,500円)を提供。コース内容は先付「蟹酢」、お椀「紅ずわい蟹真丈」、焼物「焼たらば炭火にて」、強肴「渡蟹養老揚」、小鍋「ずわい蟹小鍋」、食事「姫蒸し蟹ちらし寿司」など4種の蟹を使った「蟹会席」。

仏蘭西料理「プルミエ」ではフランス語で「季節」を意味するコース「セゾニエ」(10,000円)を用意。伝統的なジビエ料理の一皿「蝦夷鹿ロースのポアレ グラン・ヴヌール風」などを愉しめる。

鉄板焼「梅野」では旬香ランチコース「冬花(とうか)」(7,500円)、ディナーコース「冬星(ふゆぼし)」(19,000円)を提供。「タラバ蟹の鉄板焼」「フォアグラステーキ」と極上近江牛ロースと特選黒毛和牛フィレとの食べ比べも愉しめる。

開催期間は12月1日から2019年2月28日まで。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「宝塚ホテル、「Winter Specialite〜冬のおすすめ料理〜」開催 12月1日から