全日本空輸(ANA)とエアバスは、補修部品サポートサービス「フライト・アワー・サービス(FHS)」契約を締結した。現在、シンガポールで開催されているMROアジア展示会で発表した。

対象となるのは、ANAが導入するエアバスA380型機3機。フライト・アワー・サービスは完全に統合された部品サポートサービスで、ロジスティクス、輸送、在庫管理、部品サプライヤとの関係構築、サービス・ブリテン(SB)に基づくアップグレードを提供する。これにより、運航信頼性を向上することができるという。

情報提供元:Traicy
記事名:「エアバス、ANAのエアバスA380型機3機の補修部品サポートサービス契約締結