グリーンランド国際サンタクロース協会のサンタクロース15人が、10月7日、羽田空港から「SAGA SANTA SUMMIT 2018」が行われる佐賀へ向けて旅立った。

「SAGA SANTA SUMMIT 2018」は、日本人唯一のグリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースであるパラダイス山元さんが、日本磁器発祥の地である佐賀県有田町の有田焼窯元のレンガ造りの煙突が”プレゼントを届ける際の侵入訓練に最適”と、有田町での開催を熱望したことから、10月7日から10日にかけて初めて佐賀県で開催される。有明海の干潟で「ガタスキー」実習体験を行うほか、県内の観光スポットや病院、県庁も訪問する。

サンタクロース一行は、”ブルーサンタ”のコスチュームに身を包んだANA地上係員に先導され、羽田空港に現れた。58番搭乗口付近でフォトセッションや挨拶をした後、佐賀行きのANA981便(エアバスA321型機、乗員6人、乗客176人(幼児5人含む))の搭乗者に記念品を手渡し、同便でで午前9時52分に佐賀空港に向けて出発した。

情報提供元:Traicy
記事名:「世界のサンタクロース15人、佐賀に向けて出発 「サンタサミット」開催