東京急行電鉄は、駅の券売機で銀行預金の引き出しができる「キャッシュアウト・サービス」を、横浜銀行、ゆうちょ銀行、GMOペイメントゲートウェイの協力のもと開発し、来春よりサービスの提供を開始する。

横浜銀行とGMOペイメントゲートウェイが開発した「銀行口座と連動したスマホ決済サービス」の仕組みを活用するもので、駅の券売機でのキャッシュアウト・サービスは、日本初の取り組みとなる。

利用者はスマートフォンアプリで事前に引き出し金額の申請を行い、表示されたQRコードを券売機の読み取り機にかざすことで、キャッシュカードを使用することなく、ATMと同様に銀行口座から出金できる。暗証番号などを入力する必要がないため、ATMと比べて大幅に引き出しにかかる時間が短縮される。2018年度内に、一部の券売機で横浜銀行とゆうちょ銀行のスマートフォンアプリを活用した実証実験を実施する。東急線沿線以外でのサービス提供も検討を進めていく。

「社内起業家育成制度」の第3号案件として実現したもので、会員制サテライトシェアオフィス事業「NewWork」、翻訳・ローカライズ事業「YaQcel(ヤクセル)」に続くものとなる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「東急線の券売機で現金引き出しができるサービス 来春実用化へ