JR東日本とJR西日本は、北陸新幹線車内における無料公衆無線LANサービスを7月8日から開始した。

対象車両はE7系およびW7系。SSIDは、E7系は「JR-EAST FREE Wi-Fi」、W7系は「JR-WEST FREE Wi-Fi」。E7系ではメールアドレス、W7系ではメールアドレスまたはSNSアカウントによる認証登録が必要。

7月8日から順次サービスを提供しており、利用可能な車両には車内に専用ステッカーを貼付する。サービスの利用には訪日外国人向けのサービスだが、日本人を含め誰でも利用できる。また、大規模災害時には、認証登録なしでインターネットを開放する。

■関連記事 東北・上越・北陸・秋田新幹線車内で無料公衆無線LANサービス 2018年から順次提供

情報提供元:Traicy
記事名:「北陸新幹線、車内無線LANサービス開始