2月18日、三菱自動車は2020年の欧州市場において、「アウトランダーPHEV」がSUVタイプのプラグインハイブリッドとしては最多、またプラグインハイブリッド全体としても2番目となる2万6673台を販売したと発表した。

2013年1月の日本発売以来、世界60カ国以上で販売。累計販売台数は2020年12月末時点で27万台を数える

アウトランダーPHEVは、電動化技術と四輪制御技術を融合した三菱自動車のフラッグシップモデルで、力強く滑らかで静かなEVならではの走りと優れた環境性能を有している。2013年1月より世界初のSUVのプラグインハイブリッドとして日本で発売し、これまでに60カ国以上で販売。累計販売台数は2020年12月末時点で27万台に達している。



このたびの発表に際し、三菱自動車の加藤隆雄CEOは次のようにコメントしている。

「環境意識が高く電動化が急ピッチで進む欧州において、当社の『アウトランダーPHEV』が多くのお客様にお選びいただいていることを、大変うれしく思っております。当社の命題は、得意とする環境技術をさらに強化し、4WD技術をいっそう磨き上げることで、安心感のある魅力的な商品を世界中のお客様に提供することです。当社はプラグインハイブリッドを中心にEVやハイブリッドなども含め、2030年の電動車比率を50%とする計画であり、電動車の普及を通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 三菱の「アウトランダーPHEV」が2020年に欧州で最も売れたSUVタイプのプラグインハイブリッド車に!