日本レース写真家協会(JRPA)は、2021年に創立50周年を迎えることを記念してJRPAとモータースポーツの歴史を写真で追体験する写真展を開催すると発表した。

日本レース写真家協会(JRPA)は、2021年に創立50周年を迎える。

この半世紀の間に、技術の進歩とともにマシンをはじめドライバー、ライダー、そしてサーキットやラリーフィールドなど、モータースポーツを取り巻く環境は大きく変化してきたが、50年の間変わらないのはスピードの魅力、そして携わる人間たちが作り出す壮大なドラマだ。



JRPAはモータースポーツが織りなすそんな『一瞬』の魅力を伝える情熱とともに、世界中のサーキットをはじめとしたフィールドの最前線で、50年間シャッターを切り続けてきた。この大きな節目に当たり、JRPAとモータースポーツの歴史を写真で追体験する写真展を開催すると発表した。

【開催日程】

2021年2月9日(火)〜3月17日(水)

10:00〜17:30(日曜・祝日は休館)

*入場は無料



【開催会場】

CANON GALLERY S(東京都港区港南2-16-6)

JR品川駅港南口より徒歩約8分

京浜急行品川駅より徒歩約10分

『日本レース写真家協会 50周年記念写真集』

1970年代から現在まで。

日本のモータースポーツフォトグラファーが

紡いできた世界のレースの記録

●発売日:2021年2月9日(火)

●価格:2000円(税込)

●判型:A4ワイド

●頁数:148頁

●綴じ・色:平綴じ・オールカラー

●発売:(株)三栄

●購入;『日本レース写真家協会 50周年写真展』会場、全国書店、Amazon、三栄HP等

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日本レース写真家協会が50周年写真展を開催!JRPAとモータースポーツの歴史を写真で振り返る!