スクーター王国・台湾の人気バイクメーカー「SYM(エス・ワイ・エム)」が2021年のNEWモデルをオンラインで発表。写真はフロント1輪・リヤ2輪の電動スリーター、EF3。大容量のリヤボックス、雨風に強いキャノピー(屋根)を装備して実用性をトコトン重視。フロントスクリーンを上方まで伸ばし、立体感を持たせたサイバーな外装にも注目だ。国内屋根付きスリーターの雄、ホンダ・ジャイロキャノピーとの比較も併せ、EF3の魅力を探ってみた。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

※注:国内販売価格、販売日時は未定

車軸1380mm(50ccのジャイロキャノピーは1410mm)のコンパクトな車体。普通自動二輪免許で乗れる2.3kWのパワフル仕様。しかも積載量は横綱級!

SYM EF3 Commercial Motor(GLOBAL SYM)
雨や風から身体をガードしてくれる、ビッグサイズのキャノピー(スクリーンと屋根)を採用。

前後ホイールは14インチに設定。

ライダーの頭とキャノピー(スクリーンと屋根)のクリアランスも十分に確保。

ボディサイズは全長2034mm×全幅729mm×全高1845mm。ホイールベースは1380mm。重量は180kg。

大量デリバリーにも適応するよう設計された大容量のリヤボックスを装備。

国内の道路交通法では、後部の荷台に60kgまで積載可能(原付1種の50ccは30kgまで)。

 雨や風から身体をガードしてくれる、大型のキャノピーを採用した電動スリーター。定格出力は2.3kWのパワフル仕様で、国内では普通自動二輪免許にて乗車可能(※注)。ビッグサイズのリヤトランクも装備しており、大量でヘビーな荷物運搬にも最適だ。



※注:道路交通法上、国内の電動バイクの運転免許は、モーターの定格出力によって区分。 定格出力0.6kWまでが原動機付自転車(原付1種)、0.6kW超1kW以下が小型自動二輪車(原付2種)、1kW超20kW以下が普通自動二輪車、20kW超が大型自動二輪車となっている。

国内屋根付き50ccスリーターの代名詞「ホンダ・ジャイロキャノピー」と比較

国内で人気の屋根付き50ccスリーター、ホンダ・ジャイロキャノピー。

【SYM EF3】

サイズ:全長2034mm×全幅729mm×全高1845mm

ホイールベース:1380mm

重量:180kg

最高出力:2.3kW

タイヤ:F120/70-14、R120/80-14

ブレーキ:前後ディスク式



【ホンダ ジャイロキャノピー】

サイズ:全長1895mm×全幅660mm×全高1690mm

ホイールベース:1410mm

重量:139kg

最高出力:3.4kW[4.6ps]/7,500rpm

タイヤ:F100/100-12、R130/70-8

ブレーキ:前後ドラム式



 普通自動二輪に属するEF3はスペック上、車体は大柄だが、ホイールベースは50ccの原付1種に属するジャイロキャノピーよりも30mm短いのが特徴。EF3の車重はジャイロキャノピーに比べて41kgヘビーだが、



・ショートホイールベースによる小回りの効きやすさ

・普通自動二輪にカテゴライズされる定格2.3kWのハイパワーモーターを採用

・大型のキャノピー(スクリーンと屋根)

・大容量のリヤボックス

・道路交通法上、60kgまで積める積載量(道路交通法上、原付1種である50ccのジャイロキャノピーは30kgまで)



 を考慮すると、EF3は極めて実用性に優れたシティコミューターといえよう。

サイバーなイメージにデザインされたフロントマスク。

フロントスクリーン両部にはバックカメラを装備し、後方の死角箇所をメーター部に映し出して安全性を向上。
後方の死角箇所をメーター部に反映。
デリバリーに最適な、超ビッグサイズのリヤトランク。大量配達も可能。
急速充電技術を適用した着脱式バッテリー。
モーター:ハブモーター

最高出力:2.3kW

最高速度:45km/h

バッテリー:Removable 48V20Ah*2 アルミニウムバッテリー

充電:4〜5C(100A)15分

航続距離:60km

サイズ:全長2034mm×全幅729mm×全高1845mm

ホイールベース:1380 mm

重量:180kg

サスペンション:

 フロント テレスコピック

 リヤ RELISリヤクティブリンクサスペンション

タイヤ:

 フロント 120/70-14

 リヤ 120/80-14

ブレーキ:前後ディスク式

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【台湾情報】ルーフ付きスクーターに新型! SYM・EF3は普通自動二輪免許のパワフル電動モデル!