AGCの大型・曲面車載ディスプレイ用カバーガラスが、キャデラックのラグジュアリーSUV「エスカレード」のニューモデルに採用された。本製品は、AGCの化学強化用特殊ガラスDragontrailに、化学強化処理、光学薄膜コーティング、装飾印刷、曲げなどの加工を施したもので、自動車業界初となる曲面P-OLED(プラスチックOLED)ディスプレイ(LGエレクトロニクス社、LGディスプレイ社製)の高機能カバーガラスとして使用されている。

キャデラックの新型「エスカレード」の革新的なデザインのディスプレイは3つの画面から構成され、それぞれメータークラスター情報やナビゲーション、インフォテイメントなど、ドライバーに必要な多種多様な情報を表示しする。また、高度な曲面成形技術を用いたAGCの大型・曲面車載カバーガラスを大小2枚使用することで38インチ相当のディスプレイとして一体化され、上質かつ先進的なインテリアデザインの実現に寄与している。

AGCの車載ディスプレイ用カバーガラスは、独自の設計・評価プロセスにより、自動車用内装材として求められる安全性を確保しており、AGCが開発した特殊な製法で曲げることでP-OLEDディスプレイおよびガラス本体にかかる応力負荷を低減し、長期的な強度と形状安定性を実現している。また、AGCが多数の特許を保持するコーティングや装飾印刷の技術によって、高い視認性とスムーズなタッチパネル操作に求められる機能(防汚処理、耐摩耗性)を有している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 AGCの大型・曲面車載ディスプレイ用カバーガラスがキャデラック・エスカレードに採用 量産車向け曲面OLEDディスプレイのカバーガラスとして世界初!