ヤマハ発動機株式会社は、ロードレース競技およびサーキット走行専用モデル「YZF-R1 レースベース車」の2021年モデルを、本日より予約受付を開始し(予約期間限定)、2021年1月29日に発売する。

YZF-R1 レースベース車……2,255,000円(消費税10%を含む)

「YZF-R1 レースベース車」は、2020年モデルのスーパースポーツ「YZF-R1」をベースに、レースなどサーキット用途に配慮したモデルだ。2021年モデルでは、APSG(アクセル開度センサーグリップ)を織り込んだYCC-T(電子制御スロットル)や、EBM(エンジンブレーキマネジメント)、BC(ブレーキコントロール)などの電子制御システムを採用している。



 第1次 2020年9月4日〜9月30日、第2次 2020年10月1日〜11月30日の期間限定予約による受注生産で、予約窓口は全国の「ヤマハオンロードコンペティションモデル正規取扱店」となる。



発売日・販売計画

●名称:YZF-R1レースベース車

●カラー:ブラックメタリックX

●発売日:2021年1月29日

●メーカー希望小売価格:2,255,000円(消費税10%を含む)

●販売計画:予約期間における受注分を販売

・第1次予約受付期間:2020年9月4日~9月30日→車両・キットパーツ納期:2021年1月29日より順次

・第2次予約受付期間:2020年10月1日~11月30日→車両・キットパーツ納期:2021年4月下旬より順次

※予約受付時期により納期が異なる事があります。また上記の納期は目安となります。

※ヘッドランプ、ポジションランプ、ミラー、ホーン、タンデムシート、タンデムステップ、リアフェンダーカバー、グラフィック類の装備を省いた状態での出荷となります。

※購入特典:サーキット走行専用部品の「ワイヤーハーネスセット」と「ECU」(F.I.マッチングソフトウェア含む)は、本体とは別送となります。

※「YZF-R1レースベース車」は、国土交通省の認定を受けていないため、ナンバープレートを取得できません。また道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます。

※保証(クレーム)の対象外製品となります。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ヤマハ、サーキット走行専用モデルの「YZF-R1 レースベース車」を受注生産で発売