日常生活の道具としてではなく、アウトドアを楽しむ相棒としても最適なSUV。軽自動車にも個性的なルックスや装備を持つクルマを集めた。ここではそんなライバルたちとともに、ユーティリティやスペックを写真と数字で横比較してみたい。



REPORT●小林 秀雄(KOBAYASHI Hideo)身長=173㎝

※ミラー to ミラー、シート高、ラゲッジ内寸法の数値は編集部調べのもの

※本稿は2020年7月発売の「日産キックスのすべて」に掲載されたものを転載したものです。

TAFT G ターボ

キャビンを薄くすることで、ボディの重厚感を表現。角張ったワイドシルエットを実現。最低地 上高は190㎜で、ハスラーよりも高い。タイヤ外径はFF軽乗用車最大で、力強さを強調する。

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1630mm

ホイールベース:2460mm

ミラー to ミラー:1810mm

開口高:670mm

インテリアも直線的でカチッとしたデザインを採用。「Gターボ」と「G」にはオレンジメタリック加飾が備わり、アクティブな印象を高める。ナビゲーションはメーカーオプションのスマホ連携ディスプレイオーディオで対応。

現行タントから採用された燃焼効率の高いKF型直3エンジンを搭載。「Gターボ」には駆動ギヤ内蔵で変速比幅を拡大したD-CVTが組み合わせられる。
「G ターボ」とオプションのブラックパック装着車はガンメタリック塗装の15インチアルミホイールを装備。
リヤシート高:640mm
フロントシート高:620 〜650mm

「Gターボ」と「G」は、前席にオレンジステッチが入ったセパレートシートを採用。全車標準のスカイフィールトップのおかげで開放感も抜群だ。後席スペースは膝前が約250㎜、頭上が約110㎜と十分な広さが確保されている。

【通常時】高さ:770mm 奥行き:360mm

【後席格納時】最小幅:870mm 奥行き:1300mm

荷室フロアにフレキシブルボードを備え、左右分割可倒式の後席を格納するとフラットな拡大スペースを生み出せる。深さ約110㎜の床下収納も備わり、多用な使い方に対応してくれる。

全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1630

室内長×室内幅×室内高(㎜):2050×1305×1270

ホイールベース(㎜):2460

トレッド(㎜):(前・1300)(後・1295)

車両重量(㎏):840

エンジン型式:KF型

エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ

ボア×ストローク(㎜):63.0×70.4

総排気量(㏄):658

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :47[64]/6400

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):100[10.2]/3600

燃料供給装置:EF(電子制御式燃料噴射装置)

燃料タンク容量(ℓ):30(レギュラー)

トランスミッション形式:CVT

変速比:(前進)3.316-0.501、(後進)5.665-2.540

最終減速比:5.444

駆動方式:FF

サスペンション:(前・ストラット)(後・トーションビーム)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・リーディングトレーリング)

タイヤ・サイズ:165/55R15

最小回転半径(m):4.8

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :20.2

車両本体価格:160万6000円

HUSTLER HYBRID Xターボ TAFT

全高はハスラーの方がタフトより50㎜高いが、室内高はいずれも1270㎜で一致。室内のゆとり はむしろ前後方向で明らかな差があり、室内長2215㎜でハスラーの方が広い。

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1680mm

ホイールベース:2460mm

ミラー to ミラー:1825mm

開口高:670mm

遊び心のあるインテリアデザインもハスラーの魅力。インパネカラーガーニッシュはボディ色に応じて3色用意されている。9インチメモリーナビゲーションはメーカーオプションとして設定され、全方位モニターにも対応。

ターボか自然吸気かを問わず、モーター機能付き発電機とリチウムイオン電池を備えたマイルドハイブリッドを搭載。燃費を向上させている。
「HYBRID Xターボ」と「HYBRID X」は5 スプレッドスポークの15インチアルミホイールを標準装備。
リヤシート高:680mm
フロントシート高620 ~650mm

インパネと同じカラーアクセントをシートにも採用。前席は全車セパレートタイプとなっている。後席シートには左右独立でスライド機構が備わり、ニークリアランスは約200〜370㎜の間で調整が可能。頭上には約90㎜のゆとりがある。

【通常時】高さ:850mm 奥行き:280mm

【後席格納時】最小幅:890mm 奥行き:1370mm

左右独立式の後席スライド機構を使うと、通常時の荷室奥行きは約440㎜まで拡大。助手席にも前倒し機能が付くなど、ユーティリティに優れる。フロアと後席背面は防汚仕様だ。

全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1680

室内長×室内幅×室内高(㎜):2215×1330×1270

ホイールベース(㎜):2460

トレッド(㎜):(前・1285)(後・1290)

車両重量(㎏):880

エンジン型式:R06A型

エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ

ボア×ストローク(㎜):64.0×68.2

総排気量(㏄):658

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :47[64]/6000

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):98[10.0]/3000

燃料供給装置:EP(電子制御燃料噴射装置)

燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)

モーター型式:WA05A

モーター最高出力(kW[㎰]):2.3[3.1]/1000

モーター最大トルク(Nm[㎏m]):50[5.1]/100

トランスミッション形式:CVT

変速比:(前進)2.562-0.392、(後進)3.115-0.476

最終減速比:5.643

駆動方式:4WD

サスペンション:(前・ストラット)(後・アイソレーテッド・トレーリング・リンク)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・リーディング・トレーリング)

タイヤ・サイズ:165/60R15

最小回転半径(m):4.6

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :20.8

車両本体価格:174万6800円

eK X T

デリカD:5と共通したSUVっぽいデザインではあるが、最低地上高は155㎜とほんの少し高めた程度。あくまでシティユースを前提としているところがタフトやハスラーとの違いだ。

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1660mm

ホイールベース:2495mm

ミラー to ミラー:1825mm

開口高:620mm

カジュアルなデザインの中にタッチパネル式エアコンなど先進的なユーティリティを融合。運転支援システムのMI-PILOTもオプション設定されている。ナビゲーションは写真の9型を含む複数機種を販売店オプションとして設定。

全車にマイルドハイブリッドを採用する。減速時に蓄えた電力で発進加速の負荷を軽減。さらにターボで走りにゆとりをもたらす。
「T」と「G」は太いスポークと細いスポークの組み合わせが印象的な15インチアルミホイールを装備。
リヤシート高:650mm
フロントシート高:620 〜630mm

ブルーのトリムを使用したベンチタイプのファブリックシートを採用。前席シートヒーターも全車標準装備だ。後席は左右一体スライド機構により膝前のスペースを約210〜380㎜の間で調整可能。頭上クリアランスも約110㎜と広い。

【通常時】高さ:875mm 奥行き:360mm

【後席格納時】最小幅:870mm 奥行き:1440mm

後席には左右一体式のスライド機構を備え、前方にスライドさせると奥行きは約540㎜まで拡大。シートバック格納時の最大奥行きも約1440㎜と広く、大きな荷物でも積み込みやすい。

全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1660

室内長×室内幅×室内高(㎜):2065×1340×1270

ホイールベース(㎜):2495

トレッド(㎜):(前・1300)(後・1290)

車両重量(㎏):920

エンジン型式:BR06

エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ

ボア×ストローク(㎜):659

総排気量(㏄):1756

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :47[64]/5600

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):100[10.2]/2400-4000

燃料供給装置:電子式

燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)

モーター型式:SM21

モーター最高出力(kW[㎰]):2.0[2.7]/1200

モーター最大トルク(Nm[㎏m]):40[4.1]/100

トランスミッション形式:CVT

変速比:(前進)2.411-0.404、(後進)2.295

最終減速比:6.540

駆動方式:4WD

サスペンション:(前・ストラット)(後・3リンク)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・リーディング・トレーリング)

タイヤ・サイズ:165/55R15

最小回転半径(m):4.8

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :16.8

車両本体価格:179万8500円

N-WGN G Honda SENSING

最低地上高はFF車で140㎜と標準的。さらにホイールベースは2520㎜と長く、全高も1675㎜(4WD車は1695㎜)と高いので居住性に優れる。どう考えても悪路とは無縁のキャラだ。

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1675mm

ホイールベース:2520mm

ミラー to ミラー:1825mm

開口高:470mm

Nシリーズに共通する癒やし系デザインと質感の高さを両立。ステアリングはテレスコピック調整が可能で、全車標準のACCは渋滞追従機能付きと使い勝手にも優れる。写真の8インチプレミアムインターナビは販売店オプション。

従来よりロングストローク化して現行N-BOX から採用されたS07B型 直3エンジンを搭載。もちろんバルブリフト量を可変化するVTECも備わる。
「N-WGN 」は全車14インチスチールホイールを装備。「N-WGN カスタム」にはアルミホイールを設定。
リヤシート高:650mm
フロントシート高:620 〜650mm

アイボリーとブラウンのツートーンを採用したジャージー素材のシートを装備。後席は左右一体スライドが可能で、膝前は約160〜360㎜の間で調整できる。頭上には約120㎜の余裕があり、ホッと落ち着く開放的な空間が広がる。

【通常時】高さ:1060mm 奥行き:300mm

【後席格納時】最小幅:890mm 奥行き:1370mm

荷室を上下に仕切るボードを備え、後席を格納するとボードとシートバックがフラットな状態になる。後席シートスライドを使えば、通常時の奥行きを200㎜延長させることが可能だ。

全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1675

室内長×室内幅×室内高(㎜):2055×1350×1300

ホイールベース(㎜):2520

トレッド(㎜):(前・1305)(後・1305)

車両重量(㎏):850

エンジン型式:S07B

エンジン種類:直列3気筒DOHC

ボア×ストローク(㎜):60.0×77.6

総排気量(㏄):658

エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm) :43[58]/7300

エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):65[6.6]/4800

燃料供給装置:電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)

燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)

トランスミッション形式:CVT

変速比:(前進)3.680-0.674、(後退)2.958-1.620

最終減速比:4.318

駆動方式:FF

サスペンション:(前・ストラット)(後・車軸式)

ブレーキ:(前・ベンチレーテッドディスク)(後・リーディング・トレーリング)

タイヤ・サイズ:155/65R14

最小回転半径(m):4.5

WLTCモード燃費(㎞/ℓ) :23.2

車両本体価格:129万8000円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ダイハツ・タフトとスズキ・ハスラー、三菱eK X、ホンダN-WGNと徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉