実用性(積載機能)を徹底重視した、野性的な感覚とフォルムをイメージした50ccレジャーバイク「ホンダ・モトラ」。多彩な道具を積める大型キャリアを装備するなど、アウトドアライフをトコトン楽しむための数々の装備を導入。サブミッションを使えば、パワフルな登坂性能 (登坂力は23度)を発揮。前後には4.0Jワイドホイール&5.40-10インチの極太タイヤを採用するなど、50ccとは思えない堂々たるフォルムに仕上がっている。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

前後の10インチホイールは4.0Jのワイド型。タイヤは「5.40-10」の極太仕様

3速ミッション+ハイ/ローの2段サブミッション(副変速機)付きで23度の登坂力を発揮

「モトラ」の車名の由来は、モーターサイクル+トラックから。その名の通り、トラックのようなゴツイ外観が特徴。

カブ&モンキー系の空冷4ストローク単気筒SOHC 49ccの横型エンジンを搭載。パワーは4.5馬力。

 50ccスクーターが全盛期を迎える1982年(昭和57年)に登場した「ホンダ モトラ」は、実用性をトコトン重視して設計・開発されたレジャーモデルだ。



 モトラのキャッチコピーは、「トラックの積載力」。車名の由来は、モーターサイクル+トラックから。

 4.5馬力を発揮するエンジンは、カブ&モンキー系の空冷4ストローク単気筒SOHC 49cc。電装系は6ボルトで点火方式はCDI。

 スーパーカブと同じく、左手での操作を省いた自動遠心式クラッチとし、ミッションは3速ロータリーを採用。



 モトラのポイントは、上記のミッションに、「ハイ/ロー」の2段サブミッション(副変速機)を装備していること。

 なお、サブミッションをロー側にセレクトした状態での登坂能力は、約23度。スキー場の『上級コース』の平均斜度が20度前後、1981年(昭和56年)に発売された「タクト フルマーク」が約16度であったことを考えれば、いかにスゴイ数値であることが理解できるはずだ。

希少性と個性の強さから、絶版後にブレイク!

 前後のキャリアは、頑丈なスチールパイプを採用。前後ともにフラットで幅広い形状とし、ここに大型のボックスを装着することも可能。

 特にフレームに直付けされたフロントキャリアは、荷物を積んでも安定した操縦性が得られるよう配慮。発売当時は、前後のキャリアに、販売店専用のオプションケースを取り付け、レジャーやビジネスに使用する人も多かった。



 リヤサスペンションは、荷物の重さや路面の状態に合せてクッションの強さが微調整でき、しかも調整位置がひと目で分かる油圧調整機構「レベライザー」を装備(右リヤショックの手前に装備されたレバー)。

 前後タイヤは安定感のある10インチとし、「5.40-10」サイズの超ワイドなブロックパターンを採用。重い荷物を載せても、安定した走行が楽しめるのがポイントだ。



 ボディの前方寄りにセットされた新設計のメインスタンドは、ロック機構付き。左ハンドル手元の解除レバーを引きながらでないとスタンドの操作が出来ない、安心設計となっている。

 荷物満載でも、山岳をグイグイと進んで行くことができる、頑強なアウトドアマシンであるモトラだが、50ccスクーターブームの陰に隠れ、その後のマイナーチェンジもなく、ひっそりと生産終了。



 現在でもマニアからは絶大な指示を受けているが、発売から38年が経過しているとあって、市場で売買されている個体は極わずか。中古バイク販売サイトのGooBikeでは2台(35万〜45万円)、Yahoo!オークションでは4台(15万円〜)と希少性は高い。

※数値は2020年9月4日調べ

月刊モト・チャンプより

正立型フロントフォークやツインショック型スイングアームなど、足周りも頑丈なつくり。

メインスタンドはボディの前方寄りに配置。ロック機構が装備され、左ハンドルレバーで解除するしくみ。

ワイドな10インチの4.0Jホイールは、太足カスタムにも人気!

1977年(昭和52年)発売された「ホンダ R&P」。「ホンダ モトラ」と同じ、ワイドな4.0Jホイールと同サイズの5.40-10タイヤ(パターンは異なる)を装備。

 モトラの10インチホイールは4.0Jのワイド仕様で、1977年(昭和52年)発売された「ホンダ R&P」と同寸。両車のホイールとハブは、まだ社外のモンキー用10インチワイドアルミホイールが存在しなかった2000年頃まで、モンキーの太足カスタム作成にも重宝された。



 写真下はR&Pをベースにカスタマイズされた1台。低く、長く、ワイドなフォルムに仕上げられたこのマシンは、ノーマルの4.0Jホイールに、超極太の4輪用バギータイヤをチョイスしているのがポイント。



●製作:アニマルボート 月刊モト・チャンプより(1998年11月号)

製作:アニマルボート

月刊モト・チャンプより(1998年11月号)

全長 (m) 1.655

全幅 (m) 0.740

全高 (m) 0.975

軸距 (m) 1.125

乾燥重量 (kg) 76

シート高 (m) 720

フレーム形式 バックボーン

タイヤサイズ (前) 5.40-10-4 PR

(後) 5.40-10-4 PR

エンジン種類 AD05E

冷却方式 空冷

キャスター/トレール (mm) 27°00/44

総排気量 (cm3) 49

内径×行程 (mm) 39.0×41.4

最高出力 (PS/rpm) 4.5/7,500

最大トルク (kg-m/rpm) 0.46/5,500

圧縮比 9.8

始動方式 キック

点火方式 CDI

燃料タンク容量 (L) 4.5

変速機形式 3段新ロータリー×2(サブミッション付)

変速比

1速 3.272

2速 1.823

3速 1.190

(副変速機) 高 1.000

(副変速機) 低 1.459

燃料消費率 (km/l) 100.0(30km/h定地走行テスト値)

緩衝装置 (前) テレスコピック式

(後) スイングアーム式

キャブレター型式 PB59

バッテリー性能 6V-2AH

登坂能力 (tanθ) 0.42(約23°)

当時の発売価格 16万5000円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アウトドアと相性良し|CT125ハンターカブもイイけれど、ホンダ・モトラもなんだか気になる !?