『モーターファン・イラストレーテッド』でスタートした連載「バブルへの死角」。福野礼一郎さんとエンジニア諸氏による旧モーターファン誌に掲載されていた看板企画「モーターファンロードテスト」を現代の視点から再考察します。4台目のテーマ車両はホンダ・シティ。今でこそ珍しくない「小さくて背の高いクルマ」は、このシティで定着したと言っても過言ではありません。時代背景と当時のショックを誌面でご紹介します。本稿では1982年5月号の「モーターファンロードテスト」をお届けします。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 福野礼一郎氏連載「バブルへの死角」第7〜8回/4台目はホンダ・シティ