9月1日、三菱自動車と東日本三菱自動車販売は箱根町(神奈川県)と「災害時協力協定」を8月31日に締結したことを発表した。

全国の自治体と災害時協力協定は箱根町で67例目

この協定の狙いは、災害発生時に改めて自治体と必要事項を確認する時間のロスをなくし、給電等に活用できるプラグインハイブリッド電気自動車「アウトランダーPHEV」などの電動車を速やかに被災地・避難所等へ届けること。三菱自動車は2022年度までに全国の自治体と災害時協力協定の締結を目指す「DENDOコミュニティサポートプログラム」を推進しており、箱根町は67例目となる。

また、箱根町は災害による長期停電や通信網の途絶に備え、ゲヒルン株式会社(以下ゲヒルン)と、防災情報配信サービスの継続と近隣自治体への支援を目的とした災害対策車「特務機関NERV《ネルフ》制式 電源供給・衛星通信車両 5LA-GG3W(改)」を災害時に派遣。給電サービス・Wi-Fi サービス・IP 電話サービスを災害対策本部・避難所等に提供する協定も同時に締結した。

同協定は、アニメ作品「エヴァンゲリオン」シリーズに登場する「特務機関NERV」の本部所在地が箱根町をモデルとしていることから、災害発生時においても相互連携し、円滑な災害応急対応を実施することを目的としている。

このたびの協定締結を受けてゲヒルンはこのようなコメントを発表。

「特務機関NERVの名称は、人気アニメ作品『エヴァンゲリオン』シリーズに由来しており、同シリーズの作品内で『特務機関NERV』の本部が所在する第3新東京市という架空の都市は、箱根町がモデルになっています。

このたび『エヴァンゲリオン』と関わりの深い箱根町と、作品の枠を超え、防災協定を締結できたことを非常に嬉しく思っています。『特務機関NERV 災害対策車両』は、『アウトランダーPHEV』の給電機能と、スカパーJSATが提供する衛星通信機能を備え、ライフラインが途絶した災害時でも独自に電力と通信を確保できるようになっています。災害時に円滑に支援業務ができるようゲヒルンは、三菱自動車・スカパーJSAT・箱根町とさらに連携を強化してまいります」

アウトランダーPHEV「特務機関NERV 災害対策車両」防災の日 SPECIAL MOVIE

情報提供元:MotorFan
記事名:「 三菱自動車が箱根町(神奈川県)と「災害時協力協定」を締結。災害時はエヴァンゲリオンの「特務機関NERV災害対策車両」が出動!