日産自動車株式会社は、1日、ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違いによる衝突事故の被害軽減を目的とした、既販車向けの後付け安全装置「後付け踏み間違い加速抑制アシスト」を、9月2日より全国一斉に発売する、と発表した。「ノート」 への適用を皮切りに、順次、対象車種を拡大していくという。

超音波センサー取付イメージ

今回、日産が発売した「後付け踏み間違い加速抑制アシスト」は、所有するクルマに後付けすることで、ペダルの 「踏み間違い」や「踏みすぎ」による急加速を抑制し、ユーザーの安全運転をサポートする。



本装置は、前後のバンパーに取り付けた計4つの超音波センサーが、駐車・停車状態からの発進時に、約10km/h 以下の車速で、約3m以内に車両前方または後方に壁などの障害物を検知すると、車内の表示機のブザー音でドラ イバーに注意を喚起する。超音波センサーは、スーパーやコンビニンスストアなどの壁面のガラスも検知する。



さらに、超音波センサーが進行方向に障害物を検知している状態で、ドライバーがブレーキペダルと間違えて強くアクセルペダルを踏み込んだとシステムが判断すると、「前方・後方加速抑制機能」により、加速を抑制し、同時に車内の 表示機にアラートを表示し、ブザー音でドライバーに知らせる。

表示機(各種ランプが全点灯のイメージ)

また、後退時に誤ってアクセルペダルを強く踏み込んで、車速約 5km/h を超えた場合、「後退時加速抑制機能」によ り加速を抑制するとともに、車内の表示機にアラートを表示するとともに、ブザー音にてドライバーに知らせる。



日産自動車は、ペダルの踏み間違いによるに加速を抑制し、またブレーキを作動することで事故防止をアシストする 「踏み間違い衝突防止アシスト」を既に、多くの車両に装備して、販売している。今回の「後付け踏み間違い加速抑 制アシスト」をこ提供することで、さらに多くのユーザーに安心・安全な運転をサポートし、交通事故の低減に取り組んでいくとしている。

主な機能

進行方向の約3m以内にある前方・後方の壁などの障害物を超音波センサーが検知している状態で、ブレーキペダ ルと間違えてアクセルペダルが強く踏み込まれた場合、加速を抑制すると同時に車内の表示機にアラートを表示し、 ブザー音でドライバーに注意喚起を行う。

後退時加速抑制機能

作動対象となる障害物がない状況での後退時に誤ってアクセルペダルを強く踏み込んで、車速約 5km/h 以上にな った場合、加速を抑制すると共に、車内の表示機にアラートを表示し、ブザー音でドライバーに注意喚起を行う。

メーカー希望小売価格(消費税込み)

後付け踏み間違い加速抑制アシスト(ノート(E12)):7万3700円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産自動車、「後付け踏み間違い加速抑制アシスト」を発売! まずはノートから順次、対象車種拡大 価格は7万3700円!