ホンダの市販ゼロハンレーサー「CR110カブレーシング」が衝撃的なデビューを飾った35年後の1997年(平成9年)1月。フリークたちが待ち望んだ「CR110カブレーシング」の復刻版、『Dream50(ドリーム50)』が市販化。1962年(昭和37年)当時は高額過ぎて手の届かなかった夢(ドリーム)のマシンが、32万9000円という庶民にも手の届く価格でリリースされたことに誰もが驚いた。

REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki)

伝説のマシン「CR110カブレーシング」とは?

ロードレースの世界GP 50ccクラス(現在は廃止)で活躍した市販の4ストレーサー「ホンダ CR110カブレーシング」。詳しくは写真をクリック!

 1962年(昭和37年)、ワークスレーサー・RC110のテクノロジーを随所に盛り込んだ市販ゼロハンレーサー「CR110カブレーシング」が衝撃的なデビューを飾った。同車は「CRヒャクトー」「カブレーシング」の愛称で、今でも多くのフリークたちに支持され続ける50ccモデルだ。同排気量の2スト勢を駆逐した伝説の4ストマシンの詳細は、以下より。

1万回転までスムーズに回る、高性能かつ超精密な空冷4ストDOHC4バルブ49ccエンジンを搭載

CR110カブレーシング用をイメージした、容量6.2Lのロング型タンクやシングルシートを装備。

レッドカラーのフレーム、シルバーカラーの外装など、「CR110カブレーシング」を踏襲したレトロなフォルムが特徴。

カムシャフト2本+小さな燃焼室に吸気バルブ2本・排気バルブ2本を備えた、空冷DOHC 4バルブ49ccエンジン。シリンダーヘッドの左カバーは、その形状から別名「ミッキーマウス」とも呼ばれる(CR110カブレーシングは右カバーに採用)。

 “あの伝説”から35年後の1997年(平成9年)1月、当時は憧れだけで手の届かなかった「CR110カブレーシング」の復刻版、「ドリーム50」が発売。“夢のマシン”を踏襲した外観とエンジン、そして最新の足周りを与えられたモデルが、32万9000円という庶民にも手の届く、超バーゲンプライスでリリースとなった。



 エンジンは「精密機械」の異名をとる、カムシャフト2本&小さな燃焼室に吸気バルブ2本・排気バルブ2本を備えた、空冷DOHC 4バルブ49cc。



 スポーティでありながら、ストリートでの乗りやすさや扱いやすさが吟味されたドリーム50は、低・中回転域での粘り強い出力特性と、高回転域での伸びのある出力特性を両立。高回転域では、SOHC型の横型エンジン(カブ&モンキー系)や、縦型エンジン(CB&エイプ系)とは明らかに異なる、高周波の効いた独特のメカノイズを奏でてくれるのが特徴だ。

エキゾーストパイプの入り口(マフラー接続部分)は二重管構造を採用。

 フロントフォークのインナーチューブ径は27φ。前後ブレーキは、コントロール性に優れた油圧ディスク式を採用。フロントは240φのディスクローターに、2ポットキャリパー。リヤは190φのディスクローターに、コンパクトなシングルピストンキャリパーを組み合わせるなど、パワーアップしたボアアップエンジン等にも対応する制動力を確保。



 フェーエルタンクは、CR110用をイメージした容量6.2Lのロング型。フューエルタンクラバーバンドを採用することで、レーシーかつレトロなイメージを再現。



 エキゾーストパイプの入り口(マフラー接続部分)は二重管構造。これは小排気量な単気筒の50ccとしては、極めて珍しい機構となっている。

 ドリーム50は発売後、CR110フリークの中高年齢層から、既存モデルにない魅力を感じた若年層まで、幅広い人気を獲得。全国のサーキットではワンメイクレースやサーキット走行会など、ドリーム50をメインとしたイベントも積極的に開催された。



 超ゼイタクともいえる機構を備え、しかも32万9000円というバーゲンプライスで発売されたドリーム50だが、当時のユーザーには「50ccなのに高額では?」と受け取られ模様で、残念ながら販売台数は伸びなかった。



 ドリーム50は1999年(平成11年)の新排ガス規制に適合せず、惜しまれつつ生産終了。とはいえ、絶版後も各地でオフ会やミーティングが開催されるなど、根強い人気を誇っている。



 32万9000円で発売されたドリーム50は、現在の中古車市場において、程度の良い車両は、当時の新車価格を遥かに上回る価格に高騰。今では、すっかり「お宝モデル」として定着している。

写真は「CR110カブレーシング」のエンジン部分。

●ドリーム50

エンジン型式・冷却方法:空冷4サイクルDOHC4バルブ単気筒

排気量:49.738cc

最高出力:5.6ps/1万500rpm

最大トルク:0.42kgm/8500rpm

内径(ボア)×行程(ストローク):40mm × 39.6mm

圧縮比:10

キャブレター仕様:PCφ15

バルブサイズ(mm):

吸気側 φ14

排気側 φ12

変速機形式:5段リターン



●CR110カブレーシング(レース仕様)

エンジン型式・冷却方法:空冷4サイクルDOHC4バルブ単気筒

排気量:49.968cc

最高出力:8.5ps/1万3500rpm

最大トルク:0.46kgm/1万1500rpm

内径(ボア)×行程(ストローク):40.4mm × 39mm

圧縮比:10.3

キャブレター仕様:CRφ20

バルブサイズ(mm):

吸気側 φ16.5

排気側 φ16

変速機形式:8段リターン



 エンジン形式は同じだが、ドリーム50はCR110カブレーシング(レース仕様)に比べ、キャブレターの口径(CR110は50ccながら、中口径のφ20を採用。しかもレーシングキャブのCR)、吸排気バルブのサイズなど、全般的に数値が小さい=街乗りのしやすさや扱いやすさを重視していることが分かる。なお、1万3500回転で8.5馬力を出力する、超高回転型のCR110のミッションは、現代のバイクでは考えられない8段を採用。

燃料タンク、シートストッパーカウルはモンツァレッド。

マフラーは艶消しのブラックを採用。

 写真は1998年(平成10年)1月に発売された、限定1000台のスペシャルエディションカラーのドリーム50。燃料タンクとシートストッパーカウルはモンツァレッド、マフラーは艶消しのブラックとすることで、当時のファクトリーレーサーのイメージを再現している。当時の発売価格は32万9000円。

HRCがプロデュースした、ドリーム50ベースのレース専用車「ドリーム50R」

 ホンダのレース部門である「HRC」が手掛けた、市販のドリーム50をチューニングしたレース専用のコンプリートマシン。市販のドリーム50をベースに、HRC製の「Dream50用レース専用キット」のカムシャフト、バルブスプリング、ピストンへ交換。低フリクションカムチェーン、クランクシャフト、軽量ACジェネレーター、レース専用設計のキャブレターやエアファンネルを採用。



 最高出力はノーマルの5.6ps/1万500rpmから、7.0ps/13,500rpmにアップ。ミッションはレースでポテンシャルを発揮する、6速クロスミッションに変更。販売価格は49万1400円だった。2009年に生産終了。

レトロなロケット風のフルカウルキットで武装したレーサー仕様

 高性能なドリーム50用パーツをリリースする「エス・プレシジョン」が製作した、レース用のドリーム50改。同社製パーツを随所に組み込み、攻撃的な仕様にカスタマイズされている。



 ポイントはCR110カブレーシングを彷彿させる、レーシーかつレトロな外観。同社製ドリーム50フルカウルキットや、同社製ドリーム50用のFRP製フロントフェンダーなどで、往年のGP50レーサーフォルムを演出。



 足周りには、鋳鉄フローティングディスクローターや、ブレンボ2POTキャリパーセット、アルミスイングアームなどで徹底強化済み。



※4MINIチャンプ6より(2004年発売)



エス・プレシジョン http://www.s-precision.jp



マフラーはCR110カブレーシング風のサイレンサーを採用した同社製CR110タイプマフラー。
ノーマルのリヤ周りをスッキリさせる、同社製CR110レプリカリアフェンダーでカスタマイズ。

ドリーム50に「CB系&エイプ系」のホンダ縦型エンジンを搭載

 2003年のDE耐に出場した、「モト・チャンプ&ドリームワークス」のドリーム50改(写真は公道仕様に変更後)。ワンオフ加工によって、縦型エンジン(125ccボアアップ)を搭載したこのマシンは、ストレートでオーバー120km/hをマーク。レース途中、燃料詰まりのトラブルに見舞われながらも、見事16位で完走した。



 同車はDE耐出場にあたり、足周りも強化。フロントフォーク&リヤショックには、プリロードアジャスター機能を備えたHRC製ドリーム50R用をチョイスし、コーナリング&ブレーキング特性を大幅にアップ。



※4MINIチャンプ6より(2004年発売)

チューニングパーツも豊富な、SOHC 2バルブのホンダ縦型エンジンに載せ替えた、エンジンのハンガー部分。

125ccにボアアップしたホンダ縦型エンジンを、ドリーム50のフレームにスワップ。

 写真上はエンジンのハンガー部分。ワンオフ加工によってドリーム50用フレームに縦型エンジンを搭載する手法は、エイプ100が登場した2002年以降に流行したカスタム術。

車名:ドリーム50(左列) CR110カブレーシング(右列)

全長(m):1.83 1.725

全幅(m) :0.615 0.51

全高(m) :0.945 0.78

軸距(m):1.195 1.155

最低地上高(m):0.165 0.16

乾燥重量(kg):81 61

エンジン型式・冷却方法:空冷4サイクルDOHC4バルブ単気筒

総排気量(cm3):49 49.99

内径×行程(mm):40×39.6 40.4×39

圧縮比:10 10.3

最高出力:5.6ps/1万500rpm 8.5ps/1万3500rpm

最大トルク:0.42kgm/8500rpm 0.46kgm/1万1500rpm

キャブレター仕様:PCφ15 CRφ20

バルブサイズ(mm):

吸気側 φ14 φ16.5

排気側 φ12 φ16

変速機形式:5段リターン 8段リターン

変速比:

1速 2.692 2.06

2速 1.823 1.55

3速 1.4 1.32

4速 1.13 1.13

5速 0.96 1.04

6速 ― 0.96

7速 ― 0.89

8速 ― 0.85

減速比:

1次 4.437 4.66

2次 3.583 2.92

キャスター(度) :25°00' 26°00'

トレール(mm):90 80

タイヤサイズ:

前 2.50-18 45L 2.00-18

後 2.50-18 45L 2.25-18

ブレーキ:

前 油圧式ディスク ドラム

後 油圧式ディスク ドラム

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ホンダ・ドリーム50は何が素晴らしい? 50ccなのにDOHCエンジン! CR110カブレーシングの再来!