8月27日、ビー・エム・ダブリューはBMW初となるプレミアムコンパクトセグメントにおける4ドア・クーペとなる「BMW2シリーズ・グランクーペ」のラインアップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「218dグランクーペ」を設定し、同日より発売した。税込車両価格は420万円〜486万円。

150ps/350Nmを発揮する2.0ℓ直列4気筒ディーゼルターボを搭載。燃費はWLTCモードで17.1km/ℓを実現

2シリーズ・グランクーペは、全長4535×全幅1800×全高1430mmという機械式駐車場にも入るコンパクトなボディサイズに、クーペらしい滑らかなルーフラインを備えた、クーペならではの機敏かつ優雅なスタイルを際立たせた、都会に映えるモデル。

このたび新たにラインアップに追加された「218dグランクーペ」には、150ps/350Nmを発揮する新開発の2.0ℓ直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載。力強い走りとともに、高い環境性能を備えているのが特徴で、17.1km/ℓのWLTCモード燃費を実現している。

この218dグランクーペにも「218iグランクーペPlay/Mスポーツ」や「M235i xDriveグランクーペ」といった既存のガソリンエンジン車と同等に、衝突回避・被害軽減ブレーキ等を含む運転支援システムである「ドライビング・アシスト」が標準装備。日常走行域での急停止や飛び出し等を瞬時に判断し警告するとともに、悪天候下でも安定した検知と警告をし、安全をサポートする。なお、同モデルも衝突回避・被害軽減ブレーキの採用により、「サポカー」として補助金対象モデルと認定されている。

BMWは、日本国内における環境負荷低減をより一層加速させるため、通常モデルより一部装備内容を変更することでオーナーにさらなる歓びを提供する「Edition Joy+」をラインアップし、価格を抑えることで、より幅広い層へアピールしている。このたび追加設定された218dグランクーぺにも用意され、車両価格は税込420万円からの設定となっている。

●「BMW218dグランクーペ」モデルラインアップ

・218dグランクーペPlay Edition Joy+:420万円

・218dグランクーペMスポーツEdition Joy+:458万円

・218dグランクーペPlay:448万円

・218dグランクーペMスポーツ:486万円

※価格は消費税込み

●BMW公式WEBサイト「2シリーズ・グランクーペ」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 BMW2シリーズ・グランクーペに2.0ℓ直4ディーゼル搭載の「218dグランクーペ」が追加! 税込420万円から