ダイハツは、軽商用車「ハイゼット トラック」「ハイゼット カーゴ」、軽乗用車「アトレー ワゴン」を一部改良し、8月27日(木)から全国一斉に発売する。

軽商用車ハイゼットは、1960年に発売し、農業や建設業、運送業、サービス業など働く人を支えるクルマとして幅広い業種のユーザーに評価されている、累計生産台数は700万台を超える人気車種である。

ハイゼット トラックは、2014年9月にフルモデルチェンジを実施。2018年5月の一部改良では、軽トラック初となる衝突回避支援システム「スマートアシストⅢt」を搭載した。

ハイゼット カーゴは多くのユーザーから使い勝手の良さや積載性を評価されており、現行モデルは10代目となる。

アトレー ワゴンはハイゼット カーゴをベースとした軽乗用車で、日常生活やビジネスからレジャーまで幅広い用途で使用できるモデルである。

さらにハイゼット トラック、ハイゼット カーゴ、アトレー ワゴンでは特装車を豊富にラインアップ展開している。

ハイゼット カーゴ デラックス“SAⅢ”

今回の一部改良では、ハイゼット トラックのスマートアシストⅢt装着車にバックソナー及び後方誤発進抑制制御機能を標準装備。また、ハイゼット トラック特装車に軽トラック特装車初となるスマートアシストⅢtを設定し、より幅広いユーザーに安全・安心をお届けする。

ハイゼット トラック、ハイゼット カーゴ、アトレー ワゴンにオートライトを全車標準装備するなど、安全性の向上を図った。さらに今回からWLTCモードに法規対応し、燃費基準レベルが変更となった。



【全車種共通一部改良内容】

・オートライトを全車標準装備。

・WLTCモード走行燃費値を取得。



【「ハイゼット トラック」一部改良内容】

・スマートアシストⅢt付きグレードにバックソナー、後方誤発進抑制制御機能を標準装備。



【「ハイゼット トラック」「ハイゼット カーゴ」特装車一部改良内容】

・「ハイゼット トラック」特装車にスマートアシストⅢtを設定。

・「ハイゼット トラック」特装車、「ハイゼット カーゴ」特装車の構造等変更車にVSCを標準装備。

燃費はハイゼットトラックがWLTCモードで15.3km/ℓを記録

価格は69万3000円から!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ダイハツ、軽商用車「ハイゼット トラック」「ハイゼット カーゴ」軽乗用車「アトレー ワゴン」を一部改良 トラック特装車に衝突回避支援システム「スマートアシストⅢt」を設定!