北米日産は2021日産GT-RプレミアムとGT-R NISMOの米国での価格を発表した。これらのモデルは、米国の一部の日産販売店で販売されており、価格はプレミアムが約1203万円、NISMOが約2233万円だ。

2021 Nissan GT-R NISMO

GT-Rプレミアムは3.8ℓV6ツインターボエンジン(VR38DETT)にパドルシフトシーケンシャル6速デュアルクラッチトランスミッションが組み合わされており、最高出力565馬力、最高トルク633Nmを発揮する。ATTESA E-TS全輪駆動システムが採用されており、プラットフォームは独立したリアトランスアクスルをもつプレミアムミッドシッププラットフォームが搭載されている。



GT-Rプレミアムはダイナミックなエクステリアスタイルに加えて、インテリアには、快適性とホールド性を高めたフロントシートが装備されている。またNissanConnect、SiriusXMを搭載したNissanConnectサービスに対応している。

2021 Nissan GT-R NISMO

GT-R NISMOは、フロントとリアのバンパー、フロントフェンダー、フード、ルーフ、サイドシルカバー、トランクとリアスポイラーなど、エクステリア全体にカーボンファイバーコンポーネントを備えており、GT-Rプレミアムモデルとは一線を画している。



またGT-R NISMOの3.8リッターV6ツインターボエンジン(VR38DETT)は、最高出力600馬力、トルクは652Nmを発生する。それぞれが独自の「匠」といわれる技術者によって手作りされている。 今回の2021年モデルからはGT-R GT3レースカーから直接供給された、ターボ形状が変更され、2020年モデルよりブレード数が少ない専用のターボチャージャーが採用されている。



サスペンションはさらに強化され、これによってヨーレートレスポンスとコーナリングでの安定性を向上されており、スムーズで安定した乗り心地を実現している。また絶対的なパフォーマンスの実現のために、カーボンセラミックブレーキシステムを採用している。ブレンボカーボンセラミックローター(フロント16.1インチ、リア15.3インチ)とブレンボキャリパーの組み合わせにより、反応時間、耐久性、全体的なストッピング性能が大幅に向上した。

2021 Nissan GT-R NISMO

インテリアにはGT-R NISMO専用のRecaro®シートが装備されており、このシートは人間工学に基づいて設計され、肩甲骨と下半身のポイントを保持することに重点を置いて設計されており、ドライバーに車とボディの一体感を向上させている。またアルカンターラのステアリングホイール、赤いアクセントが付いた革巻きのシフトノブ、そして象徴的なNISMO赤いタコメーターなどが装備され、よりやる気の入るコックピットとなっている。

2021 Nissan GT-R NISMO

価格は約1203万円から

GT-Rプレミアム:約1203万円

GT-R NISMO:約2233万円

情報提供元:MotorFan
記事名:「 北米日産、GT-Rの2021年モデル発表 約1203万円から!