今夜はスペアリブを焼こうと思う。山盛り10kg。愛車のスズキ・ジムニーにコールマンの2バーナーとフライパン、そしてダッジオーブンを積んで出かけよう。ただ焼くだけでは面白くない。和風、イタリアン、アメリカン、インディアン、そしてスウェディッシュな味付けで楽しんでみる。

TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

キャンパーにとって夜は特別だ。

ある者達は焚き火を囲み、ある者達は酒を呷る。そこでの話は、過去の想い出話がほとんどだ。激寒の正月、秋川でボートから転落したヤツ。そのまま帰ると怒られるので、焚き火で乾かす。なぜに中学生がマッチを持っていたかは定かではない。カメラを自転車の荷台にゴムで留め(いま考えるとありえない)落下。後から来たクルマに踏まれて見るも哀れな姿。流石に修理不能となり、二度と僕はカメラを買ってもらえないことになる。

バイクツーリング中に先頭車がチェーンが切れて立ち往生。僕はそのチェーンを蛇と思い回避した。古き良き友との想い出。



ソロキャンプでも同じで、心の中は過去を思い出して時を過ごす。これまでに訪れた国、また憧れていた国々。心を癒やすために訪れた島。イタリアのトスカーナ、フータ峠。ドイツの夜のカーニバル。荒涼としたアメリカの砂漠。見慣れぬ文化、目を見張る風景。それにもなにより素敵な女性。時は流れて、遠くへと憧れていた時代は終わっても、夜は訪れ、また過去へ引き戻されていく。

高さのあるタープなので、中にジムニーを入れて荷物を下ろす。これだけの荷物はクルマでなければ運べない。ジムニーのルーフ、荷室はタープの中に入るので、スペースは狭くなるけれど、雨の日は入れてしまう。ソロなら、食事の準備、寝る場所は充分に確保出来る。

今夜はスペアリブを焼こうと思う。山盛り10kg、一気に食べる!と言うのは、若いユーチューバーには敵わない。そこで、素材はひとつ。スーパー行くと色々な国の豚肉がある。アメリカ、カナダ、イベリコ、イタリア、日本。値段で適当に買っている僕は100g150円ほどの肉を選んでいると思う。食べない骨の分だけ抜いて欲しいと思うのだが、そうはいかない。割高感はある。6パックあった物を5パックほど買う。ごめんね。足しといてくださいね。

さぁ手に入った骨付き肉を各国の味付け、調味料で過去の思いを味わうことにする。インド、イタリア、アメリカ、スウェーデン、そして日本。ドイツは? 実は一番多く訪れた国ではあるのだけれど、あまりドイツ料理を食べた記憶がない。優秀な通訳さんがいつも居てくれたので、メニューを見ることもほぼ無く、「ラムがあれば、それを塩胡椒で。ソースは掛けないでね。酸っぱいキャベツはいらないの、マッシュポテトもいらないの」とお願いするとその通りの料理が出て来たことが多かった。そこで、愛すべきドイツはジャッジとして、すべての国に参加、ポテトになった。器も違う物にしなくてはいけない。

焦げ目が付いたら、ダッジオーブンに入れて中まで火を通す。写真はインド代表。ダッジオーブンに入れてから、カレーベースのソースをかけてやる。

インドはタンドリーチキンのソース。カレー粉、ヨーグルト、醤油、ケチャップ、ガラムマサラ等。予想以上に調味料香辛料を使う。カレーがヨーロッパに伝わり、独自の進化を遂げたように、タンドリーチキンのソースも各国の知恵が入っているのだろう。それなら、鶏以外の食材でも許されそうだ。



アメリカも本場だけに多数の調味料が入る。ベースは摺り下ろしたタマネギに蜂蜜、生姜、レモン、ウスターソース、ケチャップ等。

フライパンで焦げ目を付けていく。写真はイタリア代表、ピザソースベース。各国の味が混ざらないように、その都度奇麗にするのはかなり手間だ。

イタリアはピザソースにバジリコ、バルサミコ酢、ローレル。それに粉チーズとしたが、後から思うととろけるチーズがベストだった気がする。



日本は角煮。醤油ベースで蜂蜜、砂糖。アクセントとしての辛子はやはり素晴らしい。



スウェーデンは肉料理にジャム。当初は違和感ありだった。シンプルに塩胡椒で焼き上げ、ブルーベリージャム。ちょっと違うけれど、眼に良いブルーベリーにして見る。正直、これかなり美味しいのです。ジャムの喉に刺さるような甘さを、肉の脂がマイルドに溶かし、クリーミーな甘さに換えてくれる。最後に各国のレシピをまとめておきます。でも、良いですか、僕はまだ完成に至っているわけではないので、もちろん自己責任、アレンジはご自由に。

今回はコールマンの2バーナーを利用する。ガソリンのランタンを使うため、燃料を統一する。推奨されてはいないけれど、バイクのキャンパーはガソリンのシングルバーナーを使い、フェールコックからガソリンをシングルバーナーに入れる人も多かった。

システムマティクにフライパンで焼く、そしてダッジオーブンへ。焼き上がったら次へ移る。そうすれば簡単に済むと思っていたが、かなりの時間を費やしてしまう。だが冷めても良いのである。常温で食べるのが、最も味の違い感じやすい。



夜を迎えて、ひとつひとつ、過去を思い出しながら時と味を楽しんでいると、キャンパー達のテントサイトの明かりもまたひとつ、またひとつと消えていく。



キャンプ場の朝は早い。テントのジッパーを開ける音から始まり、朝食の準備。この音は、台所から聞こえて来た母の包丁の音を思い出す。次に聞こえて来るのは、テントを留めていたペグを抜き、ペグ同士を叩いて土を落とす音。それを聴いているのも僕の楽しみだ。早々に荷物をまとめて、バイクで走り出す者、ゆっくりと朝の珈琲を楽しんでいるグループ。あと少しの時間で、それぞれの未来へ、愛する人の元へと旅立っていく。

さぁ、すべて焼き上がった。あとは夜を待つだけだ。左奥からスウェーデン、ドイツのじゃがいも、アメリカ。左手前から日本、イタリア、インド代表。

今回は足を伸ばして、ソロキャンパーの聖地と言われる場所を目指す。さすがに平日でも混んでいて、撮影のためのスペースを探すのに苦労する。ここならと言う場所にジムニーを入れ込む。あっ!隣は同じエンジン、同じ型式のJA71V。オーナーは梅谷英之さん。彼のホームグランドは相模川だそう。彼のジムニーは手早くアウトドアが楽しめる仕様。今度一緒に!また。

冷凍、冷蔵保冷袋に一晩放置。長距離移動の場合はその後に冷凍。自ら保冷剤の役目も兼ねさせる。基本分量は浸かれば良いが、インドは多めにダッジオーブンに入れる時に上から掛けてやる。

インディアン風

ヨーグルト100g カレー粉大さじ3 醤油大さじ3 ケチャップ大さじ3 砂糖小さじ2 塩小さじ1 擂り下ろしたニンニク、生姜小さじ各1 擂り下ろしたタマネギ1/4

アメリカン

蜂蜜大さじ1 擂り下ろしたニンニク大さじ1 擂り下ろした生姜小さじ1 日本酒 大さじ2 醤油小さじ1 レモン汁適量 ウスターソース大さじ1

和風

醤油50cc 日本酒50cc 蜂蜜大さじ1 砂糖大さじ1 生姜小さじ1

イタリアン

市販の瓶入りのピザソース バジリコ小さじ2 ローリエ2枚 バルサミコ酢小さじ2

スウェディッシュ

塩胡椒適量 レモン適量 ジャム(お好みのジャムで)

ドイツ

小さめのじゃがいも5つ オーブンで火が通りやすいので、あらかじめ電子レンジで5分ほど加熱しておく。常温でよければそのまま温かくしたい時はアルミホイルで包み、一緒にダッジオーブンへ入れる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 2代目ジムニー(JA71)に2バーナーとダッジオーブンを積んで肉を10kg焼く【クルマ×アウトドア 】